フィンジア

【どっちがいいの?】フィンジアとリアップx5を徹底比較!

フィンジアとリアップx5はどちらも人気のある育毛剤です。

どちらも効果が期待できそうですが、選ぶ時のポイントはどこにあるのでしょうか。

様々な視点から徹底比較してみましょう。

フィンジアとリアップx5はどんな特徴があるの?

フィンジアとリアップx5はどちらも育毛剤です。

ですが、フィンジアは化粧品、リアップx5は第一類医薬品という商品カテゴリにおける決定的な違いがあります。

これだけを見ると、第一類医薬品のリアップx5のほうに効果があるのではと考えがちですが、実はそういうわけではなさそうです。

なぜこのような違いがあるのでしょうか?

フィンジアは化粧品!?なぜ?

フィンジアは厚生労働省の薬品分類においては化粧品に分類されています。

化粧品というとおしゃれに用いるというイメージがあり、何だか育毛剤としての効果が期待できないような気がします。

しかし、フィンジアが化粧品の形態をとっているのにはきちんとした理由があります。

それは、有効成分であるキャピキシルとピディオキシジルを最大濃度で配合するためです。

キャピキシルとピディオキシジルは育毛剤や美容化粧品に広く用いられている成分ですが、医薬部外品の範囲外の成分です。

そのため、フィンジアが医薬部外品指定を受けてしまうとキャピキシルとピディオキシジルを用いることができなくなってしまいます。

フィンジアは数々の臨床試験で効果が確認されているキャピキシルとピディオキシジルを最大限に配合するためにあえて化粧品の形態をとって販売しているのです。

第一類医薬品のリアップx5

対するリアップx5は第一類医薬品という分類で販売されています。

リアップx5に含まれているミノキシジルという有効成分は、厚生労働省から公式に発毛効果を認められています。

そのためリアップx5は日本でただひとつ「発毛剤」という表現を用いることが許可された商品なのです。

第一類医薬品とは、処方箋なしで購入できる医薬品のうち、効果が高いけれども使用上の注意や副作用を伴うものです。

痛み止めとして有名なロキソニンSや胃腸薬のガスター10などもこれに含まれています。

第一類医薬品は一般的な薬局やドラッグストアで購入することができますが、購入時に必ず薬剤師による使用上の注意や副作用の説明を受けることが義務付けられています。

フィンジアとリアップx5の有効成分の違いは?

フィンジアとリアップx5は商品カテゴリが異なることは理解できました。

では次に、フィンジアとリアップx5の有効成分について比較してみましょう。

安全性の高いキャピキシルとピディオキシジル

フィンジアに含まれている有効成分は「キャピキシル」と「ピディオキシジル」の2つです。

キャピキシルの特徴

キャピキシルはカナダで開発された育毛成分で「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」というアミノ酸から構成されています。

アカツメクサ花エキスは、牧草として知られるアカツメクサから取れるエキスで、ビオカニンAという物質を豊富に含んでいます。

ビオカニンAは、女性ホルモンと似た働きをする成分で脱毛の原因となるホルモンを作る働きをする「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素の働きを抑制する働きを持っています。

キャピキシルに用いられている成分はどちらも安全性が高く、目立った副作用は確認されていません。

この働きから特にAGA(男性型脱毛症)に対して効果が期待されています。

ピディオキシジルの特徴

ピディオキシジルは、ミノキシジルと分子構造が非常に似通っている物質です。

ミノキシジルの誘導体と呼ばれ、ミノキシジルの効果はそのままに副作用を取り除いた物質です。

海外でマウスを用いて行われて実験では、ピディオキシジルは、ミノキシジルと同等の発毛効果が確認されました。また日本でもピディオキシジルを用いた育毛実験が行われ、髪の密度が半年で10%以上伸びたという結果が得られています。

キャピキシルとピディオキシジルはどちらも、高い発毛効果が期待できながら安全性の高い成分であることが理解できます。

フィンジアのその他の成分

フィンジアは、主要な有効成分であるキャピキシルとピディオキシジル以外にも発毛効果が期待できる成分を豊富に含んでいます。

代表的なものがカプサイシンとヒオウギエキスです。

カプサイシンは、唐辛子の辛味成分として知られる物質で、発汗作用で毛穴を開く効果があります。このため、フィンジアは、有効成分が開いた毛穴から浸透しやすくなり、より高い効果を期待することができるのです。

ヒオウギエキスは、キャピキシルに含まれるアカツメクサ花エキスと同じように5αリダクターゼの働きを阻害する効果を持っています。複数の有効成分を使用することで脱毛因子を作る働きをより高い確率でブロックすることができます。

効果絶大だか副作用もあるミノキシジル

リアップx5の有効成分は、ミノキシジルです。

ミノキシジルは、アメリカで開発された成分で、元々は高血圧症の治療薬として用いられていました。

高血圧症の治療にミノキシジルを用いていた患者さんの中で多毛症の副作用が現れたことから発毛促進の効果が確認され、転じて育毛剤に用いられるようになりました。

ミノキシジルは、頭皮の血管を拡張させ、発毛に必要な栄養素を毛母細胞に効率よく届けることで、髪が休止期から成長期に転じるサイクルを早めると同時に髪の成長期を長く持続させる効果があります。

ミノキシジルの効果は本物?

ミノキシジルの効果については、リアップx5の発売元である大正製薬が実験データを公開しています。

大正製薬のデータによるとリアップx5を使用した人の98%に使用1年以内に効果が認められたということです。

また、ミノキシジルは、日本皮膚科学会のAGAの治療ガイドラインの中で最高ランクの推奨度である「A」評価で記載されています。

販売元だけでなく第三者の視点からも効果が確認されているため、ミノキシジルは発毛に対して強い効果を発揮すると見て間違いありません。

ミノキシジルは副作用に注意

ミノキシジルは、確かな効果が期待できる成分ですが、同時に副作用があります。

ミノキシジルの副作用の現れる確率は8.82%と比較的高めです。

主な副作用は、頭皮のかゆみや発疹などで、全体の70%を占めています。

しかし中には、神経障害や心不全などの重篤な副作用が現れる場合もあり、注意が必要です。

フィンジアとリアップx5の購入方法は?

有効成分については、フィンジアにもリアップx5にもそれぞれ独自の特徴がありました。

次にフィンジアとリアップx5の購入方法についても比較してみましょう。

フィンジアの購入は公式通販サイトで

フィンジアは、フィンジア公式通販サイトでのみ販売されています。

一般的なドラッグストアや楽天・アマゾンのような通販サイトにも流通していません。

初めて購入する場合には、ユーザー登録などの手続きが必要となるため、ちょっと面倒に感じてしまう方もいるかもしれません。

ただし、一度申し込むと定期的に商品を届けてくれる定期コースやまとめ買いでお得に購入できるコースなど、購入サポートが充実しているため、申し込んでしまうと買い忘れなどの心配がありません。

リアップx5の購入は薬局で

対してリアップx5は、薬剤師がいる薬局で購入することができます。

薬剤師から説明を受ければユーザー登録や契約などの手続きは不要なため、比較的手軽に購入することができます。

ただし、薬局によっては薬剤師がいる時間帯が限られている場合もあります。リアップx5のような第一類医薬品は、必ず薬剤師の説明を受けることが義務付けられているため、薬剤師不在の時間帯には購入することができません。

薬局に薬剤師がいる時間をきちんと把握しておかないと、薬局まで出向いて購入できなかったということもあり得ます。

フィンジアとリアップx5はどちらが安い?

育毛剤は数ヶ月〜数年継続して利用する商品のため、価格も重要なポイントとなります。
フィンジアとリアップx5の価格についても比較してみましょう。

フィンジアとリアップx5の価格は?

フィンジアとリアップx5の価格は以下の通りです。

 

最高値 実勢価格 最安値
フィンジア 13,440円 9,980円 8,967円
※単品購入 ※定期コース ※定期コース3本セット
リアップx5 7611円 7,000円 6,500円
※定価 ※平均市販価格 ※ネット最安価格

実際の購入価格ベースで比較するとフィンジアのほうがリアップx5より3,000円程高いことがわかります。

フィンジアは、リアップx5と比較するとかなり高額な育毛剤であると言えるでしょう。

フィンジアはなぜ高い?

では、フィンジアはリアップx5と比較してなぜこれほどまでに高いのでしょうか。
3つの視点でまとめてみます。

フィンジアは海外原産の成分を用いている

フィンジアに用いられるキャピキシルとピディオキシジルは海外製のものです。
海外から仕入れを行うため、どうしても原価が高くなり、それが価格に反映されてしまうのです。

ただし、どちらの成分もミノキシジルと違い、副作用のリスクがないというメリットはあります。

有効成分の数が違う

リアップx5には、ミノキシジル以外には目ぼしい有効成分は含まれていません。

対してフィンジアには、2つの主要有効成分の他に、10種類の有効成分を含んでいます。

様々な成分からの相乗効果が得られることから、フィンジアの方がリアップx5と比べて様々な原因から来る抜け毛に対応しやすいと言えます。

保証制度が違う

リアップx5は薬局で購入する市販薬のため、目立った保証制度はついていません。

しかしフィンジアの場合、公式通販サイトで定期コースを申し込むと、合わなかった場合などに購入代金を返金してくれる全額返金保証を受けることができます。

全額返金保証の適応条件は公式ホームページで確認することができます。

初めてフィンジアを購入する場合には、合わなくても損をしないため、安心感があります。

フィンジアとリアップx5のデメリットは何?

最後に、フィンジアとリアップx5それぞれのデメリットについても確認しておきましょう。

フィンジアのデメリット

フィンジアのデメリットは何と言っても価格です。

フィンジアはリアップx5と比較すると、1本当たり3,000円の価格差があります。

1ヶ月に1本の育毛剤を使用すると考えると、年間36,000円、5年で18万円の価格差はかなりのものです。

また、公式通販サイトでしか購入できないという点も、通販が苦手な方や手続きが面倒だと思う方にはデメリットになるかもしれません。

リアップx5のデメリット

リアップx5のデメリットは、副作用と有効成分の少なさです。

ミノキシジルの副作用発現率の高さを考えると、肌の弱い方やかゆみに敏感な方はリアップx5の使用をためらってしまうかもしれません。

また、リアップx5はミノキシジル以外の有効成分が少ないためAGA以外を原因とする脱毛については十分に効果を発揮してくれない可能性があります。

まとめ

ここまでの結果をまとめると以下の通りとなります。

フィンジア リアップx5
商品分類 化粧品 第一類医薬品
有効成分 キャピキシル、ピディオキシジル+10種の有効成分 ミノキシジル
副作用 なし あり
購入方法 公式通販サイト 薬局
価格 高い 安い
デメリット 価格が高い 副作用がある
公式通販でしか買えない 有効成分の種類が少ない

フィンジアは、価格が高い代わりに使われている成分に副作用がなく、有効成分の種類も豊富です。そのため、様々な原因の脱毛に対して効果を期待することができる総合力が高い育毛剤であると言えます。

対してリアップx5は、効果が実証されているミノキシジルを使用し、価格もフィンジアよりも安価です。副作用や成分の少なさな気になりますが、薬局で手軽に購入できる分コストパフォーマンスが高い育毛剤であると言えます。

\\使用期限切れなし!購入は絶対に公式サイトで//