フィンジア

【副作用こわくない?】フィンジアの有効成分には副作用はあるのか?

フィンジアには、脱毛を引き起こす男性ホルモンが生成されるのを抑制する物質が含まれています。

同じような物質の中では重篤な副作用が心配されるものもありますが、フィンジアは大丈夫なのでしょうか。

\\使用期限切れなし!購入は絶対に公式サイトで//
 

フィンジアにはどんな成分が含まれているの?

フィンジアに含まれる主な有効成分は、キャピキシルとピディオキシジルの2つです。

まずは、この2つの有効成分について副作用のリスクがないか確認してみましょう。

フィンジアに含まれるキャピキシルの副作用とは?

まず、1つ目の有効成分であるキャピキシルについてです。

結論から言うと、キャピキシルには危険な副作用はありません。

ここでは、キャピキシルがどのような物質で、なぜ副作用がないのか詳しく見ていきましょう。

キャピキシルはどんな働きをする成分?

キャピキシルは、AGA(男性型脱毛症)の原因となる物質の生成を抑制してくれる働きがあります。

AGAの原因となるのはDHTと呼ばれる物質です。DHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素の力で変換されて生成されます。

このDHTが髪の毛の作る毛母細胞と結合することで脱毛を促すシグナルが発生してしまうのです。

キャピキシルは5αリダクターゼの働きを抑制することで、脱毛の原因となるDHTが生成されることを防いでくれる物質です。

キャピキシルはプロペシアと同じ働きをする

キャピキシルのこの働きは、AGAの治療薬として使用されるプロペシアに似ています。

プロペシアは、キャピキシルと同じくDHTの生成を抑制する働きがあります。

しかし、プロペシアは、性欲減退や勃起不全(ED)といった副作用が現れることが知られてします。

また、重篤な副作用としては、肝機能障害や抑うつ症状などが発症してしまう可能性もあります。

キャピキシルはなぜ安全なの?

では、同じ働きをするキャピタルは、なぜ副作用がなく安全だと言えるのでしょうか。

キャピキシルは、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラぺプチド」という2つの物質を合わせたものです。

アカツメクサ花エキスは、赤クローバーとも言われる牧草です。牧草の他にハーブとして用いられることもあり、毒性はありません。

アセチルテトラペプチドは、アミノ酸が4つ結合したものです。アミノ酸は人間の体を形作る成分のため、特別な危険性はありません。

唯一挙げるとすると、アミノ酸にはイソフラボンが含まれているため、大量に摂取すると体に変調をきたす可能性があります。しかし、適量を守っている限りは問題は生じません。

実際にキャピキシルの開発元であるカナダのルーカスマイヤー社は、キャピキシルに副作用がないことを発表しています。

加えて、キャピキシルは、まつ毛美容液にも多く用いられています。
頭皮よりもデリケートな目元に使用する化粧品に使用されていてトラブルが発生していないことが安全性の何よりの証拠ではないでしょうか。

フィンジアのピディオキシジルの副作用は?

フィンジアに含まれるもうひとつの有効成分がピディオキシジルです。

ピディオキシジルもキャピキシルと同様に副作用のリスクがない成分です。

こちらもその背景を分析してみましょう。

ピディオキシジルの働きとは?

ピディオキシジルは、頭皮の血行を改善し、髪の成長を促す働きがあります。

ピディオキシジルには、血管を拡張させる作用があります。

この効果から、毛母細胞に髪の成長に必要なアミノ酸や亜鉛などの成分を効率的に届け、休止期にある髪が成長期へ移り変わるのを促す働きが得られます。

ピディオキシジルはミノキシジルに似ている

ピディオキシジルは、発毛成分として一斉を風靡したミノキシジルによく似た働きをします。

ミノキシジルは、元々血管拡張剤として開発された薬剤ですが、発毛に対する効果が期待できることから育毛剤の有効成分として広く用いられました。

しかしミノキシジルには、血管拡張効果から、頭皮のかぶれやかゆみを引き起こすという副作用が確認されています。重篤な場合には、不整脈や心不全などの心疾患を引き起こしてしまうこともあります。

同じような働きをするピディオキシジルにはこれらの副作用はないのでしょうか。

ピディオキシジルは安全なミノキシジル

ピディオキシジルは、実は、ミノキシジルの分子構造を一部分だけ改造した物質です。

つまり、ミノキシジルの有効性はそのままに、副作用を取り除いた画期的な物質なのです。

そのため、ミノキシジルで発生する副作用のリスクはありません。

実際に、女性向けの眉毛用育毛剤にもピディオキシジルが配合されています。
こちらもキャピキシルを配合したまつ毛美容液と同様にトラブルは報告されていません。

フィンジアには他に副作用がある成分は含まれるの?

フィンジアの2大有効成分については、副作用のリスクがないことが確認できました。

それでは、フィンジアに含まれるその他の成分については、副作用の危険はないのでしょうか。

カプサイシン

フィンジアには、頭皮を柔らかくし、有効成分が毛根に届きやすくするようにカプサイシンが配合されています。

カプサイシンは、唐辛子に含まれる辛味成分のため、刺激が強そうに感じられます。

しかし、フィンジアに含まれるカプサイシンは、最小限度の量のため刺激やかゆみの原因になることはほとんどありません。

エタノール

エタノールは、溶剤として、また殺菌成分としてエタノールが含まれます。

エタノールはタンパク質を変容させ、気化する際、水分を発散させる働きがあるため、頭皮には刺激になってしまいそうです。

しかし、頭皮には、皮脂などにより刺激から守ってくれる働きが備わっているため、通常はエタノールがかぶれやかゆみの原因になることはありません。

ただし、皮膚がアルコールに弱い方の場合、問題のない量であっても肌荒れやかゆみを引き起こすことがあるため注意が必要です。

メントール

メントールは清涼成分としてフィンジアに配合されています。

メントールについては、ガムやミントタブレットなど食品にも幅広く含まれる物質のため、副作用のリスクはほとんどありません。

ただし、メントールのスーッとした刺激が苦手な方は、肌への刺激感を感じてしまうことがあるかもしれません。

心配な場合、事前にパッチテストを

以上のように、フィンジアに含まれる成分はいずれも副作用を引き起こすリスクがないものばかりです。

ただし、特定の成分に対するアレルギーなどの可能性もあるため、全ての人が絶対に安全であるとは言い切れません。

特に、過去に育毛剤やその他の化粧品でアレルギー反応を起こした方や皮膚が弱くかぶれやすい方は事前にパッチテストを行うことをおすすめします。

最も簡単な方法は、フィンジアを腕の内側につけ24時間経った後にかゆみやかぶれの症状がないか確認することです。

もし、フィンジアをつけた部分が赤くなっていたり、かゆみを感じたりするようなことがあれば使用を控えたほうがよいでしょう。

損をしない!フィンジアの全額返金制度とは

パッチテストを行って、もしフィンジアが利用できないとなった場合にも問題ありません。

フィンジアの公式通販の定期コースでフィンジアを購入した場合、最初の1本目の代金を返金してくれる全額返金保証制度があります。

定期コースの1本目が届いたときにパッチテストを行い、万が一合わないとなった場合、すぐに返金を申し込めば、損をすることはありません。

申請の際の注意点は公式ホームページに詳しく案内されていますが、要約すると以下の通りです。

  • 商品が届いて30日以内に申請する。
  • 電話で申し出を行う(ホームページの問い合わせフォームでは受け付けていない)。
  • 初回購入分に限る。
  • 複数セットを購入した場合、返金対象は1本分のみ。
  • 定期コースの始めの1本のみ対象とする。
  • 商品の返送に必要な送料と振込み手数料を差し引いた金額が返金される。
  • 一度制度を利用すると再びフィンジアを購入することはできない。

この返金制度は、フィンジアの定期コースの申し込みのみ対象としています。フィンジアの定期コースは、契約の縛りがありません。

そのため1本目を購入して合わないからと返金を申し込んでも違約金を取られたり、強引に引き止められたりすることはありません。

また、単品購入するよりフィンジアをやすく購入できるため、迷っている場合でも最初から定期コースを申し込んでしまったほうが無難です。

まとめ

フィンジアには、キャピキシルとピディオキシジルという2つの有効成分が含まれています。

この2つの成分は、副作用のリスクがある育毛成分によく似た働きをします。

しかし、ピディオキシジルもキャピキシルも副作用がなく安全な成分です。

実際に2つの成分は、頭皮よりもデリケートな目元化粧品にも使用され、大きなトラブルを生んでいません。

それ以外の成分にも副作用の危険はありませんが、アレルギーなどが心配な場合、使用前にパッチテストを行うことをおすすめします。

もしパッチテストを行って合わない場合にも、フィンジアの定期コースなら全額返金制度を利用できるため、購入して損をしてしまうことはありません。

\\使用期限切れなし!購入は絶対に公式サイトで//