フィンジア

【実は簡単!】フィンジアには効果を倍増させる使い方がありました!

育毛に効果が期待できるフィンジア。しかし、正しい使い方をしないと効果が半減してしまうって知っていましたか?

フィンジアが効果を最大限に発揮するためには、どのような使い方をすれば良いのでしょうか。

\\使用期限切れなし!購入は絶対に公式サイトで//
 

フィンジア公式ページで案内する使い方とは?

フィンジアの公式ホームページには、フィンジアを使用する際の正しい使い方が案内されています。

フィンジアの公式ホームページの案内にある使い方は、フィンジアが育毛効果を発揮するために最低限必要な条件のため、まずは、これを忠実に守ることが大切です。

1日2回を継続する

フィンジアを使うのは朝と夜の1日2回です。もったいないからといってこの回数を減らしてしまうと効果は出ません。

薄毛の原因となっていることが多いAGAは、男性ホルモンが頭皮で脱毛成分を作り出すことで進行します。

フィンジアの有効成分は、男性ホルモンが脱毛を引き起こすのを阻害し、髪の成長に必要な栄養素を毛根に届けることができます。

しかし、効果を得るためには、有効成分を継続的に毛根へ届けることが必要です。

そのため、1日2回の使用回数は必ず守るようにしましょう。

フィンジアの適量を守る

フィンジアの公式ホームページで案内されている1回あたりの使用の適量は、5プッシュから10プッシュです。

人によって薄毛の患部の広さが異なるため、基準はかなりアバウトです。

体験ブログなどでも「5プッシュでは足りない」「10プッシュでは多すぎる」など、様々な意見が見られます。

1プッシュあたりの量から考えると、約7から8プッシュくらいの使用量であれば、1本を1ヶ月で使い切ることができる計算になります。

もし薄毛部分をカバーするためにこれよりも多くの量が必要という場合、フィンジア公式通販なら定期コースの配達周期を短めに調整することもできます。

逆に、薄毛がそれほど進行しておらず、1回当たりの使用量が5プッシュ前後で済む場合、配達周期を長めに設定することもできます。

配達周期の変更の手続きは、公式サイトに記載のフリーダイヤルまたはメールフォームから行うことができます。配達周期は、25日〜50日の間で5日単位で設定できます。

夜はシャンプー後に使う

フィンジアは、頭皮にきちんと浸透させるために、頭皮の汚れや余分な皮脂を予め落とした状態で使うことが必要です。

そのため、夜使用する際は、必ずシャンプーをした後に使うようにしましょう。

ただし、頭皮を清潔にするためにと、夜朝にしつこくシャンプーをしてしまうと逆効果です。

特に朝は、睡眠明けのためそれほど頭皮は汚れていないため、シャンプーをすると必要な頭皮まで洗い落とし頭皮を乾燥させてしまうことがあります。

夜のシャンプー後は、頭皮が温まり血行が促進されているため、フィンジアを使う絶好のタイミングです。

効果倍増?フィンジアの効果を最大化する使い方

フィンジアの公式サイトで案内されているのは、以上のような使い方です。

しかし、フィンジアの効果を高める、さらなる使い方のコツがあります。

ドライヤーをした後に使う

夜、シャンプーをした後に使うと良いことはフィンジアの公式サイトにも案内がある通りです。

しかし、それだけでは十分ではありません。

シャンプーをし、ドライヤーで髪を乾かした後にフィンジアを使うことでさらなる効果アップが期待できます。

確かにシャンプーをした後でも頭皮は清潔になりますが、髪が濡れているため、フィンジアの有効成分が水に溶けて髪全体に薄まってしまいます。

ドライヤーをした後であれば、つけたい部分にピンポイントにフィンジアの有効成分を届けることができますので、少ない量で効率よく患部をケアすることができます。

ただし、ドライヤーも乾かしすぎてしまうと、髪や頭皮を痛める原因となってしまうため、およそ8割乾いたかなという生乾きに近い状態までに留めるようにするのがポイントです。

頭皮を狙って使う

フィンジアを使う際、頭皮を狙ってつけることも重要です。

フィンジアの有効成分は、髪そのものではなく、髪を作る毛母細胞などの組織に対して作用します。

せっかく適量のフィンジアをつけていても、それが髪の毛に阻まれて頭皮まで行き届いていないのでは効果は十分ではありません。

フィンジアを使う際は、髪の毛をかき分け、つけたい部分の頭皮を露出させながらつけるようにすると、適量で効果を発揮します。

使った後にマッサージする

またフィンジアを使った後、頭皮をマッサージすることも有効です。

マッサージは、大きなボールを掴むようなイメージで頭皮全体をもみほぐします。こうすることで、頭皮全体の血行が促進され、患部に有効成分が届きやすくなります。

同時に、頭頂部にある「百会」というツボを刺激するのも効果があります。

百会は、両耳を結んだ線と鼻筋から後頭部をまっすぐにつないだ線の交わる部分にあります。

百会は、脳の血管や神経を整えてくれるツボで、頭皮の血流促進以外にも多数の症状に対して効果を発揮します。

最低半年は使う

フィンジアの効果を実感するためには、最低半年程度は使用を継続する必要があります。

育毛剤全般について言えることですが、使い始めてすぐに効果が現れる製品はありません。

髪の毛は、休止期→成長期→退行期というサイクルを繰り返しています。フィンジアの効果が現れるのは、髪の毛が成長期に入った後です。

髪の休止期は3〜4ヶ月あるため、フィンジアを使い始めてから「髪が生えてきたな」と感じるまでには最適それくらいの時間がかかることになります。

1〜2ヶ月程度で「効果がない」と言って、フィンジアの使用を中止してしまうと、せっかく有効成分が作用していても無駄になってしまいます。

最低半年程度は、根気強く使用を続け、様子を見るようにしましょう。

これはNG!フィンジアの効果を半減する使い方

フィンジアの効果的な使い方についてご紹介してきましたが、逆に、効果を薄めてしまう使い方も存在します。

ここでは、フィンジアを使う上で避けたいNGな使い方についてもご紹介します。

夜に使わない

まず避けたいのは、フィンジアを夜に使わない、ということです。

夜は、仕事などで疲れているため、ヘアケアをする前に早く寝たいと思われる方も多いことでしょう。

しかし、夜就寝した後は、髪の成長を促すホルモンが分泌される時間帯です。髪の成長を促す成長ホルモンは、就寝してから1時間後が分泌のピークです。

フィンジアの有効成分は、この成長ホルモンの働きを助けてくれるため、夜に使わないと効果が薄れてしまいます。

ただつけるだけでは効果半減

フィンジアは効果のある育毛剤ですが、ただプッシュしてふりかけるようにして使うだけでは効果がありません。

ただボトルからプッシュするだけでは髪の毛や皮脂が邪魔をして有効成分を毛乳頭まで届けることができません。

面倒かもしれませんが、シャンプーをしてドライヤーを使った後につける、患部につける、頭皮マッサージを行うといったことを習慣化するだけで、フィンジアの効果が倍増します。

マッサージは長時間行う必要はないため、入浴した際の習慣として取り入れることで無理なくフィンジアの効果を高めることができます。

シリコンシャンプーで髪を洗うのはNG?

フィンジアを使う前シャンプーをすることは有効です。しかし、シリコンシャンプーの使用は避けたほうが良いでしょう。

テレビCMで宣伝されているような市販のシャンプーは大半がシリコンシャンプーです。

シリコンシャンプーは洗浄力が高い代わりに、髪のきしみを防ぐため、髪や頭皮をシリコンでコーティングしてしまいます。

ノンシリコンシャンプーであれば、シリコンのコーティングが育毛剤の浸透を邪魔してしまうことはありません。

ノンシリコンシャンプー選びに迷う場合、フィンジアブランドで発売されているフィンジアシャンプーであれば、育毛剤のフィンジアと一緒に手軽に入手できます。

まとめ

フィンジアは、正しい効果を得るために、公式ホームページで使用法が案内されています。

しかし、それに加えていくつかの習慣を取り入れることで、さらに効果を高めることが可能です。

せっかくお金を払って育毛剤を使うのですから、少しでも効果を得られる使い方をしたいものです。

この記事でご紹介した使用法は一見面倒なようですが、いつもの入浴の習慣に少し意識するだけで取り入れることができることばかりです。

ぜひ、フィンジアを使う際は、取り組んでみてください。

\\使用期限切れなし!購入は絶対に公式サイトで//